災害時応援協定締結式 登米市は27日、市内で太陽光発電事業を展開する合同会社とめ自然エネルギーと「災害時における太陽光発電による電力の提供に関する協定」を締結した。

 締結式は登米市役所迫庁舎で行なわれ、会社や市幹部など関係者約20人が出席。布施孝尚登米市長と、とめ自然エネルギーの濱田総一郎さんが協定書に署名した。