登米市立宝江小学校において、児童が新型コロナウイルス感染症に係るPCR検査を実施した結果、陽性と確認されました。
 つきましては、健康・安全を第一に考えた上で、子どもたちの命を守る観点、そして市民への感染拡大防止の観点から、当該小学校について以下のとおり臨時休業の措置といたしました。
 なお、放課後児童クラブについても開催を見合わせます。

1、臨時休業の期間
  令和2年12月13日(日)まで
2、その他
  現在、保健所の指示により濃厚接触者等の特定(PCR検査)の手続きを進めています。
  休業の間、学校の消毒作業等を実施いたします。
  今後の状況により、休業期間を変更する場合があります。

市長コメント

 新型コロナウイルス感染症について、市民の皆様にお知らせします。
 宮城県より本日(12月8日)発表があり2人の感染が確認されました。
 本市においては5日間連続の発生となり、感染が拡大している状況であります。このうち1人は、市内小学校の児童で、健康・安全を第一に考えた上で、子どもたちの命を守る観点、そして市民への感染拡大防止の観点から、宝江小学校を本日から13日(日)まで臨時休業といたしました。
 感染された方におかれましては、一日も早い回復をお祈り申し上げますとともに、市民の皆様には、公的機関が提供する情報に基づき、冷静な行動に努めていただくようお願いします。
 本市といたしましては、宮城県など関係機関と連携を図りながら、適切な対応に努めてまいりますが、今後におきましても感染拡大の恐れもございますので、感染拡大の防止と自らが感染しない取り組みをお願いいたします。
 市民お一人お一人の日常生活の中で、しっかりとした感染対策に取り組み、発熱等の症状があった場合には、躊躇なく、発熱外来診察室、または、受診・相談センターにご相談ください。
 この難局を市民並びに事業者の皆様のご理解とご協力のもと、登米市一丸となり感染拡大防止に向けて取り組みましょう。
                     令和2年12月8日
                     登米市長 熊谷 盛廣