東北風土マラソン&フェスティバル2015

IMG_2437 「東北風土マラソン&フェスティバル2015」が4月25日と26日の2日間、長沼フートピア公園で行われた。

 25日と26日には東北フードフェスティバルが行われ、大衆食堂つか勇の油麩丼、はっと汁や若鮨のベコ重、南三陸金比羅丸の焼きほたてなど、地元や近隣市町村の名物グルメが並んだ。また、東北日本酒フェスティバルでは、60銘柄以上の東北各地の日本酒が集まった。

 26日には、県内唯一のフルマラソンとハーフマラソン、アシックス・トゥモローランが行われ、県内外から2700人のランナーが参加した。コース途中のエイドステーションでは登米市産のとまとやきゅうり、登米産牛のサイコロステーキや日本酒の仕込み水などが振る舞われた。

 2日間でおよそ27000人が訪れ、ランナー、観光客共に盛り上がった2日間となった。