1、経緯
 平成31年1月15日(火)午後6時29分頃に、神奈川県の高校生がインターネットコミュニティサイトへの書き込みを発見し、神奈川県警へ通報。
 宮城県警経由で登米警察署に連絡。午後7時45分ごろ、登米警察署員が登米市立米川小学校に駆け付け、書き込み内容の把握と、今後の対応を協議した。

【書き込みの内容】
 「宮城県登米市立米川小学校爆破する」
 「明日2時 07 分」 
   ※通報以後は削除されている

2、対応
 登米警察署員と米川小学校職員が、校舎内外の危険物を検索したが確認できなかった。
 その後も危険物などを捜索するとともに、市教育委員会と相談の上、児童の安全確保を第一優先とし、1月16日(水)は臨時休業の措置をとることにし、校舎内外については、引き続き教職員が巡視活動を行った。 また、学校では、1月16日(水)午後7時に緊急保護者会を開き、事実関係を説明するとともに、対応についての理解を求めた。

3、今後の対応
 1月17日(木)は通常登校としたが、子どもへの心理的な影響などを考慮し、教職員の見守り活動の実施や必要に応じて学校カウンセラーの支援を県教育委員会に要請するなど、心のケアに対する指導体制の整備に努める。