佐沼警察署は令和4年11月16日(水)、偽計業務妨害事件被疑者として、登米市南方町田中浦 門馬勝徳(54歳)を通常逮捕した。
 被疑者は、令和3年12月頃から令和4年7月ころまでの間、330回にわたり、宮城県警察本部の通信指令室に110番通報の電話をかけ、業務と無関係の暴言を申し向けたり、無言で通話を切断することを繰り返し、警察官に無用の電話対応を余儀なくさせるなどして、110番通報の受理、処理等の業務を妨害したもの。