佐沼警察署は令和2年4月9日(木)、建造物不退去事件被疑者として住居不定 千葉華子(54)を現行犯逮捕した。
 被疑者は、令和2年4月9日午後3時50分頃、登米市内の宗教施設に立ち入り、同日午後5時1分頃、同所を看守する65歳の女性から退去を命ぜられたにもかかわらず、同日午後7時11分頃まで同所にとどまり、正当な理由がないのに、人の看守する建造物から退去しなかったもの。