宮城県内において、「民事紛争相談センター」と称する団体等から「民事訴訟最終通告書」等と題する架空請求詐欺のハガキが多数届いています。
 ハガキには、取り下げ最終期日が記載されていることから、慌てて記載されている連絡先に電話をかけると、
  通信販売の未払いがあるので裁判になります
  裁判を取り下げるため弁護士を紹介します
 等と言われ、その後、弁護士を装う者から電話があり、
  和解金が必要です
  相手は暴力団の会社なので、すぐに入金しないと裁判になります
 等と騙され、収納代行や宅配便で現金を送付させ騙し取られる被害にあってしまうものです。

 今後も宮城県内において、同様のハガキが大量に届くことが予想されます。
 ハガキが届いても慌てず、ハガキに記載の連絡先に電話することなく、家族や警察、相談窓口に相談してください。