登米警察署は令和4年6月8日(水)、詐欺事件被疑者として、仙台市宮城野区宮千代 阿部 司(35歳・男性)と登米市津山町横山字宮田 阿部 郁(63歳・男性)を通常逮捕した。
 被疑者両名は、共謀して、平成29年12月10日、登米市に居住する当時62歳の男性に対し、家族の遺産相続トラブルの解決名目に裁判費用が必要だなどと嘘をついて、同日、被害者男性方において現金34万円を、さらに同月14日、被疑者阿部 郁方において現金300万円をだまし取ったもの。