登米警察署は令和元年6月17日(月)、登米市居住で飲食店を経営する67歳の女性を道路交通法違反(酒類提供)被疑者として、仙台地方検察庁登米支部に送致した。
 被疑者は、自身が経営する飲食店において、客(45歳・女性)が飲酒して軽乗用車を運転して帰宅することを知りながら、令和元年5月18日午後7時30分ころから午後11時ころまでの間、酒類を提供し、客が酒気帯び状態で軽乗用車を運転したもの。